2004年09月

2004年09月30日

中国には1年の中で連休が3つある。

1つは、春節(旧正月)。
1つは、五一(5月の労働節の連休)。
そして、十一

明日10月1日はその十一の始まりとなる、国慶節
今年は建国55周年である。

昨年の十一はちょうどSARSが去ったばかりだったのと、
鳥インフルエンザの影響で、旅行を控えていた人もいたが、
その心配がなくなった今年は旅行する人が急増。

そもそも、中国は日本のように、国民の休日が細々とないので、
旅行といえば、この3つの連休で行くことになる。

そういうわけで、民族の大移動 走る が始まる 続きを読む

at 23:35コメント(0)トラックバック(0) 

2004年09月29日

009375c8.jpg
中国結びは中国の伝統芸術の一つ。

パンダの頭の上にある、花のような結び目がそれである。

どういう意味があるのか?と
中国人に聞くと、
家内安全とか、
金持ちになれるとか、
道中無事とか、
いくつかの種類の解答がかえってきた。

ようするに、縁起のよい・おめでたいものなのだ。

写真は頤和園で発見。
やはり、一目惚れで買ってしまった。


at 00:56コメント(0)トラックバック(0)Panda 

2004年09月28日

今日は「中秋節」。 日本の中秋の名月の日。

中国の家庭では、中秋節の夜は、家族団らんで晩ご飯を食べ、
月を眺めながら、月餅を食べる。

be60dc69.jpg


月餅はご覧の通り、満月のように丸い。
円満の円である。
この1つの月餅を家族で切り分けて、仲良く食べる。

私も、大家母娘と3人で仲良く月餅を食べた。

今年の月餅は娘のフィアンセの両親からいただいたもの。
卵黄のはいった月餅と、ナッツがはいった月餅を食べた。

どの家庭でも、中秋節の伝統を大切にしているようだ。
ここ1週間は月餅の入った紙袋(大抵赤色)を下げている人をよく見た。
ホテル、デパート、スーパーでも特別に月餅コーナーが設けられている。

日本のみんなは、ススキを飾って、月見団子食べたかな?

2f51e376.jpg


「なになに?」と月餅をのぞき込むメイメイ。

残念ながら、メイメイとは月餅を分け合えなかった ダメ

もう一つ残念なことに、肝心な月が曇りで見えなかった雲

月より月餅でしたダメ

at 19:20コメント(1)トラックバック(0) 

2004年09月27日

徳勝門の前にデコレーションされている花木、

一瞬、クリスマス?の飾りに見えなくもない。

これは10月1日の国慶節のための飾り。

610d5f66.jpg


国慶節が近づいている今、街はこうした花の飾りがたくさんある。
鉢植えをならべて、つくるアート。なかなかのものです。

この時期一番美しく飾られているのは、なんといっても天安門でしょう。
でも、人の多さが怖くて……悩む。
昨年行って、こりたのだ。




at 14:46コメント(0)トラックバック(0) 

2004年09月26日

今日は后海のほとりある、宗慶齢の住居跡へ行った。

9ce48632.jpg

宗慶齢は宗家三姉妹の次女。この三姉妹は中国ではとても有名。

私は映画で『宗家三姉妹』を見て、そのそれぞれの生き方が、まさにドラマという感じで強く印象に残っている。

  ひとりは金を愛し、
  一個人愛財、

  ひとりは権力を愛し、
  一個人愛権、

  ひとりは国を愛した。
  一個人愛国 。


5d5aa16c.jpg


長女は世界一の大富豪・孔祥熙夫人、

次女は革命家・孫文の夫人(写真)に、

三女は後の台湾総統・蒋介石と結婚。

今日住居跡を見て思ったのは、もともと裕福な家庭に生まれ、ハイソな世界の人だから、こういうドラマチックな一生を送ったのだろうということ。

やはり、一般人の私たちには縁遠いイメージかな。

宗慶齢と孫文が結婚したのは、東京(写真)。
このとき孫文は妻子持ちで49歳、慶齢は22歳の年の差カップル。

それでも、革命という同じ志でふたりは結ばれたのだな。

とにかく、映画 『宗家三姉妹』はおすすめです。




at 18:00コメント(2)トラックバック(0) 
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ