2006年05月31日

端午節…ところ変われば、愛国記念

e51040f3.jpg
今日は旧暦の端午節
至る所でチマキ(粽子)が売られていた

でも、中国の端午節は日本と違う

その昔、有名な詩人の屈原
愛国心の強い、信望あつい人でした
自国が戦い負けたのに失望した彼は
川に身を投げました
人民は彼の死を悼み
魚が彼の遺体を食べないように
チマキを川にまきましたとさ

そこで、毎年5月5日は屈原を記念して
チマキを食べるようになったそう

なんで、中国の愛国の士の記念日が
日本に伝わったときには子供の日になってしまったのか?
う~む、なぞだはてなはてな

愛国、自愛……そのものは良いことだと思う
でも中国人はこういう感情が強すぎる人が多い……
そう思う出来事が、まさに端午節の今日起こった(具体的には書かないけどさ)

もっと人の気持ちを考えようよ~ 周りを見て行動しようよ~
他を思いやれない自尊心って、ただのわがままなヒステリーだよ
今日の心の叫びでした

at 23:04コメント(7)トラックバック(0)  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by kerozo   2006年06月01日 08:14
あるある、そういうこと。
誇りを持つのはいいことだけどねぇ。
2. Posted by Horka   2006年06月01日 14:56
国を一つにまとめる為の政策と、戦後に「国」を否定することからきた政策の違いなんでしょうね。
その反動からでしょう、近年は日本も急に「愛国」を謳ったなんやらかんやらが出てきましたが。
「愛国」は良いことなんだけど、権力者(または為政者)がそれを利用しようと無理やりに押し付けようとするから、きな臭いと感じるのでしょう。
ましては個人よりも「国」を優先させようとするのだからね。
国よりも個人を優先させると、フランスみたいになるのか。その場合、個人というよりも「自分」か。
じゃ、個人主義でなく自分主義か。
あぁイデオロギー。
3. Posted by 涼   2006年06月01日 18:59
う~む、やっぱり
国を愛しつつも、自分を愛している人が多い
ここはジコチューちゃんがいっぱい!
愛国心は、まだ理解できるけど(中華思想だからね)
ジコチューちゃんは理性じゃなくて、感情で動くので
理解不能なのです
昨日、泣いてオフィスを飛び出した彼女は
「エビをすくいにいって、水に落ちて、風邪をひきました」と連絡があり、
今日はお休み。。。
はぁ~{落ち込み} わたしゃ小学校の先生じゃありませんよ!
昨日に引き続き、イヤな気分だわ
でも、ネタには事欠きません
4. Posted by M   2006年06月02日 04:34
「エビをすくいにいって、水に落ちて、風邪をひきました」
うける。。。
想像を超えてる。。。
5. Posted by 涼   2006年06月03日 00:09
悪意はないのだと思う
とっても天真爛漫な29歳なんだな~
表現方法の違い、文化の違い。。。
「まー、こんなもんなんだぁ」と柔軟にとらえることに決めました
No more ヒザカックン!
中華経験値上昇中 {ロケット}
6. Posted by ゆき   2006年06月04日 00:38
「エビをすくいにいって、水に落ちて、風邪をひきました」!!!!!!!!!
ちょっとまって、
どう考えたって、おもしろすぎ!!
会社休む理由にならへんて!!!
大爆笑。
しかも、ないて、オフィスでてった人が発する言葉か????
その、言い訳で、納得しちゃうえわけ??
うそやろ、もっとありえないことが、
起こっているんだね。
オフィスネタ、求む!
7. Posted by 涼   2006年06月04日 20:58
納得したくても、できないことは
ありのままを受け止める、いや、というより
「受け流す」に近いかな?
まともにうけあっていると疲れるので、かわすのです
ありえんことは日常茶飯事だが、細かいことばかり
ホント、取るに足らないことだからな。。。
さしあたり、彼女が泣いて帰った理由を知ったら、
みんなくだらな過ぎてぶっ飛ぶと思う{ロケット}

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ