2004年10月28日

おこのみやき?クレープ?

778bf4b4.jpg
答えはジエンビン

クレープのような薄い円形の生地に、タレをつけて、揚げてサクサクしたものをのせて折りたたむ。

ちなみに、生地の種類は小麦粉、紫米、トウモロコシ、緑豆など選べるところもある(味はどれもさほど変わらないけど)。

味はピリ辛醤油味のおこのみやき?
ともちょっとちがうような……

わたしはこれに香菜をたっぷりいれてもらって食べるのが好きドキドキ小

初めて北京にきたときは1元だったジエンビンも、今や2.5元。

物価上昇が激しいのです。

at 10:06コメント(2)トラックバック(0)  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by うなぎいぬ   2004年10月31日 22:33
いま思い返してみると、北京で一番印象に残ってる食べ物って、これかも。
よく「美味しんぼ」とかに、思い出の食べ物みたいな話が出てくるけど、人の心に残る食べ物って、意外となんでもないような普通のものだったりするんだよね。
2. Posted by 涼   2004年11月04日 13:40
日本で食べようとしても食べられないからねぇ。
日本に住むある中国人の方は糖芦葫(サンザシあめ)が恋しいと言っているそう。
このような、まさに庶民の味は国外においては、手に入りそうで手に入りにくい、近くて遠い存在なのでしょうかね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ