2004年06月19日

こういうリヤカー付自転車は、北京では決して珍しいものではない。彼らはこれで何でも運ぶ。

本当に何でも。
9da7afec.JPG

飲料水、段ボール、食品、電化製品、人、ゴミetc…

また、果物や野菜を売りに来ている人も多い。この写真のおじさんは、ブドウがはいっていた。

でも、こういった露店売りの取り締まりは最近とても厳しい。先日も、リヤカー付自転車が物を売っているところへ、警察の車が通り、彼らは気付くなり、蜘蛛の子を散らすように、逃げていった。

at 00:52コメント(0)トラックバック(0) 

2004年06月18日

北京大学がようやくバイト代(冬休みにやった翻訳)をくれたので、そのお金で、『冬のソナタ』のDVDを購入。
84d5aba5.JPG

店のお姉さんの強力な薦めにより、冬ソナを含む4部作の秋のバージョンも購入。
合わせて、210元(約2,800円)也。
最近、日本でとってもはやっているそうですね。しかし、中国人の友だちに言ったら、
「イマサラ」って、感じ。
こちら中国では、『冬日恋歌』こと冬ソナは数年前からはやってるそうです。

現在、先生から借りた『ハイジ』を猛スピードでみております。

夏休みの今、DVD三昧ですOK

at 02:02コメント(0)トラックバック(0) 

2004年06月17日

日本では「衣食住」と言うが、中国語の中では普通「衣食住行」と言う。

この「行」というのは交通のことをあらわしている。

北京では2008年のオリンピックに向けて、急ピッチで地下鉄を伸ばしている。しかし、今でもやはり市民の足は「自転車」だ。朝晩の出勤時間は、道は自転車の大群でいっぱい。そして、渋滞のひどい市内では、自転車がもっとも速かったりする。

しかし、私は理恵から受け継いだGiantの自転車を盗まれた今、150元の安物自転車が私の足である。
毎週どこかが壊れて、その度に自転車修理に行く。サドルがはずれたり、パンクしたり、チェーンがはずれたり……実に面倒である。思い起こせば、日本では私は一体何回自転車へいったことがあるのだろう?こんなに自転車に通うのも、人生の中で初めてだ。安物買ったから仕方ないのだが……。
a5c5620b.JPG

写真は、10日のモーターショーにディスプレイされていた、ベンツのバイク!
確か、3万元くらいだったかな……まぁ、こんな高価な自転車はどのみち中国で乗り回せない。

1日も経たないうちに盗まれるからな!

at 14:22コメント(2)トラックバック(0) 

2004年06月10日

北京モーターショーへ行って来ました。
中国の車購買熱は熱い!
人また人で、すごい人でした。

車にそれほど興味がない私は、
おねーさんが奇妙な格好しているのに
ついつい目がいってしまいます。
80abeb1a.JPG

人形のコンパニオンって初めてみたー!
さすが中国、センスが……いいんだかわるいんだか??

at 01:24コメント(2)トラックバック(0) 

2004年06月09日

「未名湖」は、北京大学校内にある湖です。「名前も付けられない程に美しい湖」ということで、その名がついたそうです。
e4271b41.JPG

確かに、晴れた日にベンチに座って、未名湖を眺めながら、ビスケットをかじるのはなかなか気分がよいものです。

冬には氷が張り、多くの人がスケートします。スケートやそりの貸し出しもしています。

at 17:12コメント(0)トラックバック(0) 
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ